白髪染めが長持ちする方法

白髪を見つけると、ため息がほんとにでてしまいます。
白髪が多くなって、市販の染毛剤を使っていますが、すぐ白髪がめだってしまいまうとついイライラしてしまいます。
ここでは長持ちする方法をお教えします。

 

 

白髪染めの放置時間を守る

白髪染めの放置時間をしっかり守りましょう。
放置時間を守らないと、せっかく髪の毛の中に入り込んだ色素が破壊されて取り出されてしまうことになり、反対に染まりが悪くなってしまうのです。放置時間は絶対に厳守しましょう。

 

 

トリートメントとヘアケア

ブリーチ成分によって,髪の毛のタンパク質が破壊され,髪の毛の外に出て行ってしまいますと,色素を保持しにくくなってしまうため,色落ちしやすくなります。毛染め後のヘアケアやトリートメントが大切です。髪の毛の傷みに応じて最低2週間以上は、毎日トリートメントをする必要はあります。染める前に、トリートメントで、タンパク質(アミノ酸)を髪の毛に補給しておいてから毛染めをすれば、髪の毛から出て行ってしまうアミノ酸の量は変わらないため,髪の毛の傷みを抑えられるようになります。

 

 

白髪自体を増やさない

これは白髪染めとは直接関係ないですが、新しく白髪しまうと、白髪染めに関係ないところから白髪がめだちはじめます。
白髪自体を増やさないことです。食生活において、ミネラルの摂取を不足していませんか?特に銅の欠乏症は、白髪になることは知られています。また,タンパク質,鉄,亜鉛,カルシウム,ビタミンAやビタミンCが不足していないかも重要です。また最近では白髪予防に必要な栄養素を凝縮したサプリメントも登場しています。
白髪の予防にいい食べ物

 

 

ヘアカラーより白髪染め剤

白髪染め剤を使用していますよね?ヘアカラー剤を使用しているようでしたら、白髪染め剤に切り替えてみてください。
ヘアカラー剤の色素は,髪の毛内部に色素がありませんと固まらない性質があります。最近では、ヘアマニキュアなのにかんたんに染まりやすい白髪染めが登場しはじめています。このサイトで紹介している「利尻ヘアカラートリートメント」もその例です。

 

 

白髪染めの染め方を改善

長持ちは無理ですが、生え際と分け目を目立たなくするのが白髪が多く見えない秘訣で染める時にまずは生え際と分け目から塗り始めると一番長く液がついていることになるので良く染まります。
生え際はティッシュを上からのせておき、髪全体にはラップをかけてタオルで包み指定の時間置きます。こうすると液が髪全体に浸透しやすくなります。

 

 

白髪予防のサプリメント
白髪対策用サプリメント

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めでサラツヤ髪へ!髪を痛めず白髪染めをしたい方へオススメ

 

192×53(PC)imp