白髪になる原因は?

白髪の原因ってなんだかしっていますか?

 

白髪の原因がわかれば、予防をして、いつまでも黒いままの若々しい髪でいられることができますよね。

 

白髪の原因は多岐に渡っており、いくつかの要因が重なって白髪が増えるケースもあります。
白髪の原因については未だ不透明な部分も多く、全部はわかっていません。

 

現時点で白髪の原因は、遺伝、加齢、生活習慣、ストレスがあります。
白髪になるメカニズムを説明します。

白髪の原因はメラニン色素とは?

「メラニン色素」という言葉をきいたことがありますか?
肌のシミの話できいたことがありますよね。

 

実は髪の毛にもメラニンは含まれています。
人間の髪の毛は、もともと白髪ですが、日本人なら黒色、欧米人ならブロンドと、それぞれ色がついて見えるのは、メラニン色素が白髪に着色しているからです。
髪の毛を色づけている色素がメラニンです。

 

白髪のできるメカニズムはこんな感じです。

 

白髪のできるメカニズム
@ 髪の毛が作られると、毛根の毛母細胞がメラニン色素を髪の毛に送り込みます。

 

A 毛髪がメラニン色素を取り込むことによって黒色やブロンドに着色される仕組みになっています。

 

B このメラニン色素が何らかの理由で取り込まれなかった場合、髪の毛は着色されることなく、メラニンは体外に出てきてしまいます。

 

これがいわゆる白髪です。
白髪の原因は、メラニン色素が毛髪に送り込まれないことにあるのです。

 

 

白髪ができるのは、メラニン色素の着色ができないから。

192×53(PC)imp