白髪染めの種類と向き不向き

年齢とともに白髪が増えてくるのは仕方のないことですが、白髪を見つけるととてもショックですね。
部分的に白くなる人もいれば、全部きれいに白髪になる人もいます。

 

染める方法としては、ヘアカラーとヘアマニキュアの二つがあります。

 

ヘアマニキュア

長所

白髪対策としてよく使うヘアマニキュアは、表面だけに色を付け、髪が傷みにくい方法です。

 

短所

色の付き具合はそんなに強くはありません。

 

向いている髪質

髪の毛が細くこしの柔らかい人は比較的簡単に染まりますので、髪が傷みにくいヘアマニキュアが向いています。

 

ヘアカラー

長所

ヘアカラーは、髪の内側にまで色を付けていくので、しっかりした染め上がりになります。

 

短所

しっかりした染め上がりの分、髪は傷みやすくなります。

 

向いている髪質

髪質は太くてかたい人は色が付きにくく、長時間置かないとなかなか染まってはくれないので、染まりにくいタイプの人はしっかり色の付きやすいヘアカラーを行うとよいです。

 

 

 

白髪を染めるには、自宅で簡単にできるタイプと美容院で染めてもらう場合があります。
頭皮のタイプによっては白髪染めをすることによってかぶれたり、炎症をおこしたりしますから、気をつけましょう。
初めての方は美容院でやってもらった方がきれいな染め上がりになります。

 

最近では、ヘアマニキュアなのに1回できちんと色が入る白髪染めが人気です。
このサイトでも紹介している利尻ヘアカラートリートメントは、その代表です。

 

きれいな白髪染めをしたい人は、こちらを参考にされてください。
利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めでサラツヤ髪へ!髪を痛めず白髪染めをしたい方へオススメ

 

 

192×53(PC)imp